第7回上智大学全国高校生英語弁論大会で優勝

 

11月18日(土)、上智大学四谷キャンパスで開催された「第7回上智大学全国高校生英語弁論大会 ジョン・ニッセル杯」に、23期生の篠原光希さんが出場し最優秀賞を受賞しました。
今回の大会は、”Thinking Globally, Acting Locally”というテーマのもと、全国から199名の応募があり、第一次審査を通過した決勝進出者21名が弁論を戦わせました。スピーチのタイトルは”Harmonious Society in Global Times”。グローバル化する社会の中で調和をとり共生していくにはどのようにしたらよいのか、とダイナミックに質問を投げかけ、聴衆を引き付ける内容でした。ほかの出場者のスピーチの質もとても高く、多くのことを学ぶことができました。

2017年11月27日