イギリスパートナー校交流の報告(3月29日更新)

3月17日(金)
20名の生徒と2名の教員がイギリスパートナー校交流に出発、ヒースロー空港に無事到着しました。


3月18日(土)
今日はホストの生徒とともに10時VICTORIA駅に集合。
バッキンガム宮殿、ビッグベンへ行き、その後はテムズ川リバーウォークをしました。
だいぶ歩きましたが、ホストとの会話もはずんでいるようでした。

 

3月20日(月)
今日は終日パートナー校で過ごしました。
校内見学、英語でのプレゼン、ホストとともに授業に参加、ホストとの交流で1日が終わりました。

 

3月21日(火)
5日目は、終日、ロンドン市内研修でした。
ナショナルギャラリー前、トラファルガー広場、ピカデリーサーカス、キングズクロス駅、大英博物館に全員で訪問し、その後は班別自主行動を実施しました。

 

3月22日(水)
午前中はグリニッジを訪問し、国立海事博物館などを見学。
大英帝国の歴史に触れました。
午後はパートナー校で日本語の授業を見学し、その後はお別れ会を開催してもらいました。


3月23日(木)
今日はNewstead Wood School 最終日。
ホストとは涙涙で別れを惜しみつつ、再会を誓い次の地Cambrideへ。
Cambridgeでは一泊お世話になるImpington Village college のホストと、パンティングで街の歴史を感じました。
その後は学校に戻り、交流会をしました。
交流会では神奈川総合の生徒がプレゼンやダンスを行い、Impington Village collegeの生徒からは素敵な歌をプレゼントしてもらいました。


3月24日(金)
Cambridge を離れ、今日からホテルに宿泊です。
8時過ぎにImpington Village College を出発。
午前はイギリス一の人気観光スポットCotswoldsを散策し、ランチはイギリス料理の定番フィッシュ&チップスを頂きました。
午後は「大学の中に町がある」と言われているOxfordを歩きました。


3月25日(土)
午前中は、Stratford-upon-Avonを訪れました。
ここではウィリアム・シェイクスピアの妻、アン・ハサウェイの家Anne Hathaway's Cottageを見学 。その後、街の中心部にあるシェイクスピアの家Shakespeare's Birthplaceへ。
どちらも400年以上昔に建てられた家。イギリスが世界に誇る偉大な劇作家の足跡に触れることができました。
ランチはチキンソテーとプラムのケーキ。プラムのケーキはこれぞイギリスのデザートで、とても甘くて完食はかなり大変でした。
午後はロンドンに戻り、夜はお楽しみのミュージカル「Les Miserable」。
本場の迫力に圧倒されました。



3月26日(日)
いよいよイギリス生活最終日です。
今日からサマータイム(時間が1時間進み、時差が8時間に変更)。
睡眠時間が1時間短くなった感覚で、貴重な経験です。
お昼前にはWindsor Castleへ。
現在でも週末にはElizabethⅡが過ごす城。この日も城内にはいらっしゃいました。
その後は目の前のレストランで伝統のAfternoon Teaを体験。
夕方にはHeathrow Airportに到着。
19時の便で羽田へ向けて出発。

9泊11日のパートナー校交流、お疲れ様でした。
これからが本当の国際交流の始まりです。
この経験を明日からの高校生活、人生に活かしてください

2017年03月29日