杏林大学と高大連携協定を締結しました

12月15日(木)、神奈川総合高校と杏林大学は、高大連携協定を締結しました。調印式は杏林大学三鷹キャンパスで行われ、杏林大学からは後見裕学長、本校からは市川陽一校長が代表して協定書にサインしました。終始和やかな雰囲気の中で進み、今後も連携を深めていくことを確認しました。

協定では、「杏林大学と神奈川総合高等学校が、相互の教育に係る交流・連携を通じて、高校生の視野を広げ、進路に対する意識や学習意欲を高めるとともに、大学の求める学生像及び教育内容への理解を深め、かつ高校教育・大学教育の活性化を図るために、次のとおり協定を締結する」とし、以下の活動に取り組んでいくことにしています。

後見裕学長(右)と市川陽一校長(左)

 

協定会議

 

調印式参加者
2016年12月15日